LLCの概要 |  作成までの流れ |  必要書類等 |  料金 |  運営者詳細 |  お問合せ  |  お申込み  
サイト内検索
Translate this web site
   
CONTENTS
CONTACT US
資料編(御利用無料)
合同会社の概要 横浜ベイサイドオフィス LLC電子定款作成事業部
■ トピックス  LLC(合同会社)設立体験記
   会社を設立しよう (その2) - 定款の電子認証 : 管理人@Yoski
    
■ トピックス  よくある質問
Q1.1,500円以外に費用はかかりますか?あとで顧問契約が必要になったりするのではないですか?
A1.1,500円以外に費用はかかりません。あとで顧問契約が必要になったりすることもありません。
 
Q2.定款以外の設立書類はどうすればいいですか?
A2.合同会社設立書類自動作成プログラム等を利用してご自分で作成ください。(この合同会社設立書類自動作成プログラムは、お申し込みの有無にかかわらず自由にご利用ください。)
    
■ トピックス  合同会社設立書類自動作成プログラム(ご利用無料)
  ※お申し込みの有無にかかわらず自由にご利用ください
合同会社設立書類 自動作成プログラム 【ご利用無料】
■作成例1. 出資者1名、役員1名の合同会社
■ トピックス  平成27年2月27日法改正情報 「婚姻前の氏の登記」
平成27年2月27日(金)から、婚姻により氏を改めた役員(代表社員・業務執行社員)は、合同会社設立登記申請の際、婚姻前の氏も登記できるようになりました。【この法改正の詳細はこちら】
    
■ トピックス  平成27年3月16日変更 「代表社員の国内居住要件撤廃」
平成27年3月16日から、合同会社の代表社員の国内居住要件が撤廃されました。【この登記実務変更の詳細はこちら】
    
■ LLC(合同会社)の概要
(1)合同会社とは(LLCとは)
 
 合同会社は、平成18年5月施行の会社法で新たに創設された法人です。Limietd(=有限)、Liability(=責任)、Company(=会社)の頭文字をとって、LLCと称されます。
 合同会社には次のような特徴があります。
構成メンバーは株式会社同様、最低1人でOK
資本金は株式会社同様、1円以上でOK
株式会社への組織変更可能
出資割合とは無関係利益分配・損益負担の割合を決められる
株式会社より組織運営上自由度が高い
株式会社より設立手続が簡単
※設立書類の書式は法務省のサイトから無料でダウンロードできます。なお、設立書類中、「登記すべき事項」の見本は法務省のこのページから無料でダウンロードできます。うち、合同会社の「登記すべき事項」の見本はこちらです。
設立書類は、合同会社設立書類自動作成プログラム(無料)を参考にして、ご自分で作成することも可能です。(なお、この合同会社設立書類自動作成プログラムは、お申し込みの有無にかかわらず、自由に無料でご利用いただけます。)

所長 福間 健二

PHOTO集
ブログ
運営Twitter
Google+
 
(2)株式会社ではなく合同会社にするメリット・デメリット
 
メリット
   
 新たに会社を設立する際、株式会社にしないで、合同会社にすることには、経済的な観点からは次のようなメリットがあります。
 
\瀘費用が安くなる(株式会社設立の場合との差額△142,000円)
 
 
株式会社 合同会社
定款に貼付する印紙代 40,000円 40,000円
  (但し、電子定款にした場合の印紙代) (0円) (0円)
定款認証費用[含む:定款謄本代等] 52,000円 (不要)0円
登記申請書に貼付する定款印紙代最低額 150,000円 60,000円
 
∨菁の決算関連費用が安くなる(合同会社は決算公告不要)
 
株式会社 合同会社
決算公告 必要 不要
 
デメリット
   
 以上のメリットに対し、合同会社には、次のようなデメリットがあります。
 
ヽ式会社より知名度が低い
 
 合同会社は、平成18年5月に創設された法人ですから、株式会社より知名度が低いことは否めません。
 
⊇仍饉圓無限責任を問われる場合がある
 
 合同会社の出資者は、株主同様、出資額を限度とする有限責任が原則であるとはいえ、株主と異なり、業務執行責任又は業務執行の監督責任を負いますから、これらのうちのいずれかに懈怠があって取引先に損害を与えた場合には、出資額を超えた無限責任を問われることがあります。
 
   
(3)合同会社の定款を電子定款にするのメリット
 
   合同会社の設立にあたり、電子定款にすれば、定款に貼付する印紙代を0円にすることができます。
 
株式会社 合同会社
定款に貼付する印紙代 40,000円 40,000円
  (但し、電子定款にした場合の印紙代) (0円) (0円)
定款認証費用[含む:定款謄本代等] 52,000円 (不要)0円
登記申請書に貼付する収入印紙代最低額 150,000円 60,000円


(4)当オフィスの合同会社の電子定款作成業務
 
   行政書士・社会保険労務士事務所の横浜ベイサイドオフィスは、合同会社の電子定款作成及び電子署名を代行致します。料金は全国一律 1件当たり1,500円です。
 ※上記以外の料金は一切発生しません。
 ※「顧問契約等、あとで継続的な契約が発生する」などということも一切ありません。
 ※署名済み電子定款ファイルは、CD−Rにコピーし、そのCD−Rを定款として登記申請書に添付してください。
 ※司法書士等他士業の先生からのアウトソーシングも同一料金で承ります。
 ※定款以外の設立書類作成に当たっては、合同会社設立書類自動作成プログラム(お申し込みの有無にかかわらず自由にご利用ください。)を参考にしてください。
  
  
(5)参考;株式会社及び一般社団法人並びに一般社財団法人の電子定款作成業務について
株式会社の電子定款作成業務につきましては、こちら(株式会社電子定款認証手続代行事業部)を御高覧御願い致します。

一般社団法人の電子定款作成業務につきましては、こちら(一般社団法人電子定款認証手続代行事業部)を御高覧御願い致します。

一般財団法人の電子定款作成業務につきましては、こちら(一般財団法人電子定款認証手続代行事業部)を御高覧御願い致します。








 
行政書士&社労士事務所 横浜ベイサイドオフィス (C) 2005-2015 Yokohama Bay Side Office
URL fukuma.info E-mail info@fukuma.info Tel 090-9159-1250 福間